<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

SLUSSEN(スルッセン)- レストランEriks Gondolenの屋上

今日は あいにく雨だったけど。。
f0182951_6245421.jpg


お天気のよかった先週はお昼休みにガムラスタンの隣の駅Slussen
近くにある地上33メートル、空中のグルメ レストラン
(↑の細長~いところね  
上の柵のあるところが屋上 
支えている鉄塔内ではKatalinahissenカタリーナ・エレベーターが運行)

Eriks Gondolen(エリックス ゴンドーレン)の屋上に行ってきました♪ 
南地区(Södermalm)への通り路にもなっています。


f0182951_6324452.jpg
マクドナルド
横の建物
から
レストラン
の階まで
エレベーター

さらに
階段を
上り、

ドアを
開け、


f0182951_634035.jpg
屋上から
ガムラスタン
を眺め、


f0182951_635436.jpg
こちらは
メーラレン湖側、

対岸の
クングスホルメン島には
市庁舎が
見えます
その手前
右隣の島は
GamlaStan横
リッダーホルメン島


f0182951_6364452.jpg
こちらは
バルチック海側、 




シェップスホルメン
Skeppsholmen
島寄りの
白い帆船が
ユースホステルの
af Chapman
です


f0182951_6373843.jpg
反対側に行くと









南地区(Söder)
の高台への
近道です






レストラン Eriks GONDOLEN は
元シェフのオーナー Erik Lallerstedt、美味しいメニュー、
ワインバーのベテラン・バーテンダーも有名ですが
GondolenのHPがあるかしらん?と調べてみると。。

あら♪ なかなかスタイリッシュなHPではありませんか!
もちろん ゆったりとレストラン、カジュアルなワインバーからの眺めも景観です。

レストランのHPコンテンツ一番下のSLUSSEN LIVEでは
1秒ごとのレストランからの景色がライブで楽しめます。
(今週から 「冬時間」になったので時差 -8時間ですが)



by em-pm | 2008-10-29 08:31 | ストックホルム生活 | Trackback | Comments(5)

Stig Lindberg アダムADAM ティーC&S  

Made in Sweden、
グスタフスベリGustavsberg社製 スティグ.リンドベリStig.Lindberg デザイン
ADAMシリーズの ティーC&Sが再入荷いたしました。
10月12日にUPされたADAMプレート(大&中)と同じく鮮やかなブルーの
ドットの大きさが微妙に違っていたり ブルーの滲み具合、色合いも個体差があります。 
きっちりまんまるでないカップやソーサーの円周は
ヴィンテージアイテムならではの手作業の温かさだと思います。

製造期間 1959-1974年

f0182951_3275925.jpg


f0182951_3292318.jpg

  Stig Lindberg ADAM ティーC&S (大)  SOLD 2  + 2 + 1客  
 再入荷(2012.01.30)のADAMテイーC&Sはこちらのページです  


  カップ 直径 10cm、 高さ 6cm
  ソーサー 直径 15cm、 高さ 2,5cm 












by em-pm | 2008-10-26 03:46 | カップ&ソーサー | Trackback | Comments(0)

ガムラスタン(Old Town)の秋

ストックホルムは紅葉の美しい季節になりました。
ガムラスタンのお店に行くときにも季節の変化を楽しんでいます。
おーきな秋みーつけた♪ 


f0182951_753389.jpg


Österlånggatanはレストラン、ハンドクラフト、雑貨のお店も多く。。



f0182951_76628.jpg


ニットブティック、ギャラリーのあるKöpmanbrinkenを上り。。



f0182951_763877.jpg


Själagårdsgatanの大きな栗の木、蔦を眺め。。



f0182951_771930.jpg


        は~い♪ ここがお店がある
        Köpmangatan(シュプマンガータン)14です!

        ●ヴィンテージ.アイテムの価格と送料のお問い合わせはem-pmの
        ネームカードをクリックしてご連絡くださいますようお願いいたします●



f0182951_775784.jpg

お店の通りを過ぎるとStortorget(ストールトリエット、大広場)、
右側には ノーベル博物館 Nobel Museumがあります。


by em-pm | 2008-10-19 07:43 | ストックホルム生活 | Trackback | Comments(8)

Stig Lindberg 手描きファイアンス皿 2点  

Made in Sweden、
Gustavsbergグスタフスベリ社 セラミック・スタジオ製 
Stig.Lindbergステイグ.リンドベリ デザインの
とがった形(葉っぱ?)手描きファイアンスの深皿と丸いお皿です。

製造期間 1940年初期 - 1970年代

f0182951_16353755.jpg




f0182951_16364478.jpg



f0182951_16372082.jpg



Gに手のひらはGustavsbergスタジオ・マーク、
「山」のようなマークは絵付け職人さん(Karin Gustavsson)のマークです
f0182951_1637478.jpg


Stig Lindberg 丸型ファイアンス皿  SOLD 
17cm X 16cm、  高さ 5cm 

                Stig Lindberg  とがったファイアンス深皿   SOLD
                31cm X  10,5cm、  高さ 4,5cm








by em-pm | 2008-10-17 16:48 | お皿 | Trackback | Comments(0)

National museum、ストックホルム国立美術館

ストックホルム国立美術館の特別展示で『Faces of Time』という時計と時間にまつわる展示会があるということを気にはしていたのですが 今日お店にいらっしゃったアンティーク時計マニアのおじさまから19日が最終日、火曜日と木曜日は20時まで開館しているということを聞き 急遽予定変更~、行ってきました。

黄色と黒の展示会場にはただ多様な時計の展示だけでなく「時間」に対する考察をいろいろな角度から解明する試みがみられ面白かったです。
やー、間に合ってよかった~♪

f0182951_649420.jpg
Faces of Time展


f0182951_6503133.jpg
常設の1900年代クラフト展示も見逃せません

このファブリックもいいなぁ♪
Vardag、
Spisa Ribb、
Mon Amie、
Picknick、
Blå Eld
などのテーブルウエアも展示されています


f0182951_6511844.jpg
やはり Wilhelm Kåge、
Stig Lindbergの
作品が多いですね


f0182951_6515897.jpg


by em-pm | 2008-10-17 07:28 | ストックホルム生活 | Trackback | Comments(0)

Stig Lindberg 花咲くファイアンス手描き深皿

            Made in Sweden、
            グスタフスベリGustavsberg社製、スティグ.リンドベリStig Lindbergデザイン
            の Faienceファイアンス、手描きの深皿です。
            Gustavsberg studioアトリエの歴代36名の絵付けの職人さんたちの手描きは
            ひとつとして同じ柄はないそうです。

            製造年代 1940年代中期

f0182951_22181047.jpg

            Stig Lindberg花咲くファイアンス深皿 SOLD
            18,5cm X 20,5cm、 高さ 5cm


 

f0182951_22235676.jpg




f0182951_22251528.jpg


            ブルーで描かれたGの文字と手はGustavsberg studioアトリエの
            マーク、右のグリーンは絵付け職人さんのマークです。









by em-pm | 2008-10-14 22:55 | お皿 | Trackback | Comments(8)

ただいまぁ~♪  (トスカーナ旅行)

9月27日から10月4日、実質1週間のアグリツーリズモ(ファームステイ)
トスカーナ旅行から帰ってきました~。

豊かな収穫シーズンの村とフィレンツェ、シエナのルネッサンス文化見学
南スウェーデンの成人学校企画「食事と健康」スローフード、スローライフがテーマの
「ほとんど自由行動な団体旅行」♪ 
友人のPさん、Sさん、Hさんと参加、オリーブ、葡萄畑、丸くてかわいらしい山々と糸杉に囲まれた
Piave a Presciano村の12世紀からのFattoria(大農場)に泊まりました。

セミナーもあり、糸杉は林檎の木と同じく自然には発芽せず 人間が植樹をするので
糸杉のある所は人間が住んでいた証、という話がとても印象深かったです。


お天気にも恵まれ 日中は夏日。
木曜日は丸一日、ストックホルムに夜発つ最後の日にフィレンツェの街並み、美術を堪能できました。
ピッティ宮殿の近代美術館に行ったら コンテンポラリーでなく
1800~1900年代初期の絵画や調度品が展示。
ま、14世紀の栄華なルネッサンス時代からみたら「近代」? 

フィレンツェには素敵なお店も沢山ありました。
今回は本とお土産の食べ物くらいしか
ショッピングはしなかったけれど。

村ではイタリアならではの自然、食べ物 ワインを充分にエンジョイし
芸術の溢れる花の都フィレンツェは また ゆっくりと訪れたい街です。



f0182951_19554389.jpg
Fattoria Ghezzi
(ゲッズィ家
ファーム)

右側の建物Gisella
に泊まりました

広大な敷地内の
5つの建物が
宿として
使用
されています



f0182951_20162542.jpg
10月1日
各キッチンで
トスカーナ
お料理教室

夕方には
村の家庭で
お料理、
そして夜には
全員集合で
自作持ち寄り
夕食会。



f0182951_21372730.jpg
同日 午後  
自分で摘んできた
野の花で
活け花




f0182951_20262650.jpg
9月30日

葡萄摘みの後



f0182951_20195579.jpg











地元産の
ワイン、
チーズ、

お手製
デザート、
葡萄ケーキ



f0182951_20403254.jpg



f0182951_2044156.jpg
9月29日 
シエナ、
カンポ広場 
市立美術館
では

フレスコ画鑑賞



          
f0182951_2029895.jpg
9月29日
シエナ
半日観光後 
Papolano、 
硫黄
温泉プール

でゆっくり



f0182951_21435092.jpg
10月2日
フィレンツェ、
サン.マルコ
美術館
「受胎告知」
→中央市場
ミケランジェロの
ダビデ像のある
広場でPさんと

→ この後
 ジュエリー
スクールを
二人で探して
見学してきました♪



f0182951_2105597.jpg
10月4日
フィレンツェ
ピッティ宮殿より望む




f0182951_215136.jpg
9月29日 夜
村にある
レストランで
講師も
含め
33名で
ディナー



f0182951_2193080.jpg
プリモ ピアット
(一皿目)


          

f0182951_21114947.jpg
この後 
ポルチーニ
ラビオリ
。。。
お肉(ラム)
。。。 
デザート
(クレーメ
キャラメル) 
。。。
マキアート

(食いしん坊?)
。。。 
満足~♪



f0182951_21145722.jpg
9月2日 夜
梨とブロッコリーの
プリモ ピアット
→ 
トリュフのパスタ
→ 
子牛のツナソース
→ 
ミルクプリン
ベリ-ソース

(食い意地が張ってます?)
→ 
満足~♪





f0182951_2122733.jpg
Fattoria敷地内の
エンジェル

美しく凛々しい
エンジェルですね。















by em-pm | 2008-10-08 00:01 | 旅行 | Trackback | Comments(0)