2009年 12月 14日 ( 1 )

サンタ・ルシア祭 @ Köpmantorget (ガムラスタン)

毎年 12月13日(旧暦の冬至)は「光の聖女」サンタ・ルシア祭です。
この日は朝早くから幼稚園や学校でも火を灯した蝋燭の冠を被り白い長いドレスに赤い布のベルトをした
聖ルシアと「お付きの少女聖歌隊」「星の少年聖歌隊」がコーラスをします。

今年のルシア祭は日曜日なのでルシアのコーラス隊がみられるかしらと思っていましたが
午後からお店に行く時になんとKöpman広場で見かけられました。 ラッキー♪

f0182951_7185125.jpg




f0182951_720202.jpg


彫刻は『S:t Göran & Draken(セイント・ジョージ&ドラゴン)』
昔々 スウェーデンがデンマークの領土の一部を制覇した時に造られたそうです


f0182951_7211775.jpg

蝋燭の冠をかぶっている少女がルシア、リースの冠で蝋燭を持つ少女は
Tärna(侍女)、 とんがり帽子の少年がStjärngosse(星の男の子)、
ギターの伴奏での美しい歌声に街行くひとのこころが和みます。

メインの曲「サンタ・ルシア」はイタリアの『サンタ・ルチア 』の曲に
スウェーデンの冬の叙情的な歌詞 がつけられています

ルシアの物語は聖女となったイタリアのサンタ・ルチアと北欧神話とまぜこぜらしいのですが
ルシアを光と祈りのシンボルとして北欧のいちばん暗い季節に光を崇める
クリスマス前の素敵な行事のひとつです。


f0182951_7222969.jpg




f0182951_92639100.jpg


ストックホルム グローベン・アリーナのルシア・コンサートです 

by em-pm | 2009-12-14 09:30 | ストックホルム生活 | Trackback | Comments(2)