<< Stig Lindberg リ... Lisa Larson STI... >>

Svenskt Tenn @ Sven-Harry美術館

土曜日の夜に時計の針を1時間戻し 冬時間になり 日本との時差は8時間になりました。
f0182951_1726939.jpg

日曜日は午後から 1924年にストックホルムに30歳の若さでスウェーデンの老舗インテリア・ショップ
Svenskt Tenn
を創設した素敵な女性、Estrid Ericsonの生誕120周年記念の展示会
Sven Harrys Konstmuseumスヴェン‐ハリー美術館 ↓ へ行き
f0182951_1727583.jpg

そののち 自宅近くのKultur Centrumで友人とスウェーデンの珍しい楽器のモダンな民俗音楽の
カルテットを聞いたのちには自宅で一緒にお料理をつくり ゆっくりの夕食も楽しめて 
秋らしい日曜日になりました。

f0182951_17343950.jpg


↑ ミュージアムショップ Strandvägen5のお店のアイテムが少し並んでいます

f0182951_17361921.jpg


        初期の頃はTENN(ピューター=錫)の商品を作っていたので
        お店の名前が Svenskt Tenn = SWEDISH PEUTER 
        = スウェーデンの錫という意味です

f0182951_17373113.jpg



        オーストリア出身の建築家Josef Franck( 写真 左、 右側が Estrid Ericson )  
        のSvenskt Tennの家具や生地のデザイン、長期にわたるコラボ
        が実を結び ショップのトレンドに左右されないスタイルの確立&発展に貢献しました

f0182951_1743787.jpg



        Estrid Ericsonは1978年に 
        81歳で会社を売却するまでエネルギッシュな活動を続けました

f0182951_17553440.jpg



↓ Josef Franck デザインのカーテン地、家具など 現在でも製作され 人気があります
f0182951_18101979.jpg



イギリスや東洋からのインスピレーションを受けたといわれる
Estrid Ericsonのテーブルセッティングをお楽しみください

f0182951_1813208.jpg




f0182951_1818535.jpg




f0182951_18201781.jpg




f0182951_18212747.jpg




f0182951_18222651.jpg




f0182951_18252991.jpg




f0182951_4111610.jpg








by em-pm | 2014-10-27 18:37 | ストックホルム生活 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://empmblog.exblog.jp/tb/23187701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yk-voyant54 at 2014-10-30 18:32
こういう記事、楽しいですね。
もっと近くに寄って大写しして〜と思いながら、
隅々まで見てしまいました。
Commented by em-pm at 2014-10-31 17:07
yk-voyant54さん、こんにちは!
たくさん画像を撮りすぎて 選べなくなりテーブルセッティングと
Estrid Ericssonが写っているモノクロ写真を中心にしました。
わたしもそろそろデジカメを買い換える時期かも^^と
只今検討中。ただし 大きくて重いカメラはダメです。

ネイティブ・アメリカンのスピリットの記事の
『父は空、母は大地』の名訳の訳詩も原語もリズム感は同じで
何度読んでも素晴らしいですよね ❤
自作の守り神はいいですね。 お家に守り神は必須アイテムですよねー。
うちにはひそかに木製のエンジェルがいます。(笑)
 
Commented by amethyst-basil at 2014-11-06 20:54
こんにちは。
スウェーデンのテーブルウェエアコーディネイトの
画像とてもよかったです。

丸い鏡に箪笥の画像の家具がとても素敵です。
白の家具使い、赤の家具使い。。。
両方ともスウェーデンの味わいを感じます♪
こういうのを見る機会がなかなか
日本ではないで嬉しいです。
Commented by em-pm at 2014-11-07 08:41
amethyst-basilさん、お久しぶりです!
アメリカ、カナダと素敵な旅をなされていたのですね! 

テーブルウエアーコーディネイトをみるのは楽しいし 
北欧のセンスでは大袈裟にならずシンプルながらお洒落ですよね。
わたしはアワビの殻を使っているセッティングの色合いが
気に入りました。
また 機会があったら レポしますねー♪
<< Stig Lindberg リ... Lisa Larson STI... >>