<< ロールストランドRorstra... リサ.ラーソンLisa Lar... >>

Stig Lindbergの作品 @ オークションハウス

こちらは もうひとつの老舗オークションハウス

f0182951_175128100.jpg

オークションハウスの目玉商品? 画家 ニルス.ダーデルNils Dardel( 1888-1943 )の
トランス・シベリアン・エクスプレスという絵画やその他の出品作品についての
14時のレクチャーにも間に合いました。 

1910年代に 日本に遊学し 日本滞在中のスウェーデン事業家の若い娘と極秘婚約の後
シベリア鉄道で この令嬢とその母親と一緒にストックホルムに帰るのですが
父親である事業家の反対に合い失恋し その心象を描いたものとされています。

f0182951_1852871.jpg



f0182951_18115033.jpg


1900年代に制作された家具や絵画など、
半階段をおりたところには工芸品(ハンドクラフト)の展示です

f0182951_1892068.jpg



f0182951_18125759.jpg



f0182951_18143122.jpg



f0182951_18152759.jpg



f0182951_18165338.jpg


ちょっと珍しいモチーフ  Birger Kaipiainenのオーバル大皿
f0182951_1817424.jpg



                                    Carl-Harry Stålhaneの白黒のオブジェ
f0182951_18223358.jpg




やっぱり素敵な Stig Lindberg ファイアンス大皿   直径38cmと大きいです
f0182951_1825983.jpg













by em-pm | 2013-10-24 18:39 | ストックホルム生活 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://empmblog.exblog.jp/tb/20673032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bitte at 2013-10-24 20:03 x
わ~すごいです。リンドベリもカイピアイネンも。
目の保養ができて羨ましい限りです。間接的に保養させていただきました。
Commented by yk-voyant54 at 2013-10-24 21:19
わぁ〜〜〜!!
こんなに素敵なものを見てしまって、em-pmさんどうしましょ。
どうされたのかしら?
2枚目の写真のアップを見たいところですが、
不思議な事に、座っている方々の服の色合い、椅子、床まで、
絵の色と繋がっていますね。
Commented by em-pm at 2013-10-25 06:38
bittesさん、 こんにちは!
もし 一緒にオークションを見て回れたら きっと楽しいですよね♪

カイピアイネンの作品も数点ありました。 
推定値Estimateより 落札値のほうが高いので
人気があるということですね。
北欧人は現実家でシビアなのでとんでもない落札値になることは
ほとんどないけれど 買わなくてもじっくり素敵な手工芸や絵画を観られるので
モダン・オークションの展示会は毎回 欠かさずに行っていますよ♪
バロック様式とかロココ様式とかの
ごてごての本格的アンティーク・オークションには行かないけど 笑
Commented by em-pm at 2013-10-25 06:46
yk-voyant54さん、 こんにちは~~~!!
どうするもなにも 買わないで見て楽しんでいます。
まだ どーしても自分のモノにしたいモノには出会っていないし
絵だって掛けられるスペースは限られているし。。^^

さすが voyantさん、色の繋がりがまず目に入りましたか!
そういえば 調和がとれていますね~
<< ロールストランドRorstra... リサ.ラーソンLisa Lar... >>