<< バードチェリーとライラックの間... Stig Lindberg ピ... >>

書籍  STIG LINDBERG   swedish artist and designer

Working on a sand mould
f0182951_1333722.jpg

 ハードカバーの本のジャケットの表と裏には一箇所ずつ 裂けと多少の汚れがみられますが 
本のページの紙自体は ほんの少しの色褪せ以外は 破れや汚れなどはなく 
モノトーンの本に ところどころカラーの画像が丁寧に貼られています。
出版されてから 丁度 50年( 第二版 1963 )経っていますが 良い状態が保たれています。 
Stig Lindbergの生活、制作の過程が英文で。 作品や制作中のStig Lindbergの画像多数。
 

                                          ジャケット 表
f0182951_1359451.jpg
Berndt Klyvare  
写真

Dag Widman 


RABEN &
SJÖGREN
出版社

・STOCK
 HOLM

 1963
(第二版)

 初版は
 1962年




                                           ジャケット 裏
f0182951_13555374.jpg



              本体
f0182951_14114836.jpg



f0182951_14171616.jpg



Expermenting
f0182951_14183928.jpg



f0182951_14194895.jpg



f0182951_1422140.jpg



                                            Enamel painting for the M/S Svea Jarl 1962f0182951_142255100.jpg



           左ページ Talking to fellow-workars, Britt-Louis Sundell and Lisa Larson.
                                           右ページ  In Karin Björquist's studiof0182951_14251122.jpg



Mid-forties: Bowl and dish
f0182951_1426073.jpg


AT HOME:   With his wife Gunnel and daughter Vibeke at the piano
f0182951_14313272.jpg



With his daughters at the work bench
f0182951_14324121.jpg




f0182951_14332539.jpg

書籍 STIG LINDBERG  Swedish Artist and Designer  在庫 1
20 X 22cm ハードカバー ジャケット付き  1963年 第二版





 ヴィンテージ.アイテムの価格と送料のお問い合わせはem-pmの
        プロフィール内のメールアドレスにて ご連絡くださいますようお願いいたします 















by em-pm | 2013-05-27 14:48 | 書籍、雑誌、絵画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://empmblog.exblog.jp/tb/19595069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yk-voyant54 at 2013-05-27 19:41
私がこのブログでいいなぁ〜とコメントした多くがsting Lindbergの作品だったんですね。
カバーのモノクロデザインもいいですね。このままバッグにして持ちたいです。
絵画作品も素晴らしいようで本を見たいですね。
極貧の私は、すぐに「あ、無理」と思ってしまったのが悲しい。
でも縁があれば、突然何かの思いがけない収入があるかもしれない・・・(笑)
stingってどんなことから発想して、何を感じ大切にしてデザインをされているのかしら?と
考えていたところでした。
若い日々、日本のテキスタイルデザインの草分けである粟辻博さん宅で、
アシスタントをしていたの。ホームパーティには今考えると日本の巨匠たちが
勢揃いしていた。その中に若くして亡くなられて倉俣史郎さんがいらっしゃって、
落葉の重なり合う風景からイマジネーションして作品を作ったとか雑談されていて、
とても印象に残っています。アジサイの記事をアップしながら思い出していたんですよ。
そうしたら、こちらにこの本が登場!もっとsting Lindbergについて知りたくなりました。
私を意識してのセレクトも感無量。光栄です。本当にありがとう。

Commented by em-pm at 2013-05-28 15:20
モノを創作するひとには共通点がありますよね。
わたしもStig(スティグ、 
ミュージシャンのStingスティングに近い^^)
Lindbergの愛情とユーモアたっぷりの作品が大好きなので
作家の生活と作品の背景にも興味があり
この本に出会えて幸いでした。 
色々な意味で美しい本です。

voyantさんも粟辻博さんや倉俣史郎さん
(ダンスを踊ったようなタンスと
アクリルの薔薇の椅子など有名ですよね)などの巨匠に
自然なかたちでお会いでき 刺激になったことでしょうね。
スウェーデンのデザイン学校で福田繁雄氏がレクチャーしたときに
通訳をやりましたが 短期間で学校で学んだことより 
作家として凄く重要なことが学べたような 強い印象が残っています。


個展、楽しみにしていますね。
Commented at 2013-06-10 23:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by em-pm at 2013-06-11 17:18
鍵コメントさま、
さすが工芸高校!ですよね。 知ってましたよ^^

自家野菜菜園はただいま成長中、収穫は7-8月?
大根やかぼちゃも種をまきました
今はルバーブの収穫時です とっても美味しいのよ♪
<< バードチェリーとライラックの間... Stig Lindberg ピ... >>