<< Sylvia.Leuchovi... 毎年 はやくなる? クリスマスの準備 >>

Gustavsberg製品の模様のつけ方 & 遊び心?

f0182951_17101719.jpg

( Gustavsberg社 現行品のカタログより ) 模様は現在でも手作業でお皿に張り付けていきます。
その後 釉薬をかけて焼成されます。
てっきり 機械でバンバンとプリントされていると思っていた方にはびっくりでしょう。




 今日 PYNTAのディナー皿の到着のお知らせのメールを頂いたのですが (ありがとうございます)
「レモンが逆に向いているのもみかけました」とありましたので 
「こういうのもあったのですよー♪」
と去年 販売したPYNTAディナー皿の画像です。

f0182951_1726947.jpg



f0182951_17274418.jpg


1960年代、Gustavsberg社工場で模様を張る人:
「 あ、しわくちゃになっちゃった!」
同僚:
「でも 古くなったレモンみたいで面白いわよ♪」
模様を張る人:
「うふふ そうかも。」



という会話があったかどうかは em-pmの勝手なイマジネーションの範囲内に留まりますが^^

f0182951_17392519.jpg


 このお皿を見て 「うふふ なんとなく気に入っちゃったわ」 というひとのところに養子縁組されました。
(お花のリースもきっちりと並んでないところも可愛いです)
この子を 『出来の悪い子』 と思うか 『個性のある子』 と思うかは見る人の自由です。

ヴィンテージのアイテムはひとつひとつに個性と歴史があって楽しいですよ。




 状態の良い魚柄のPYNTAディナー皿とケーキ皿が再入荷しました




by em-pm | 2011-11-11 18:07 | お皿 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://empmblog.exblog.jp/tb/16810655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanatomo31 at 2011-11-12 02:03
おもしろーい!! そのしわくちゃレモン、いいですねぇ。
あとから剥げちゃったのだったら、また違う印象になるでしょうけれど。
当時のゆるーいムードが伝わってきますね。
Commented by em-pm at 2011-11-12 16:47
hanatomo31さん、
あなたもしわくちゃレモンをおもしろーいと思ってくれましたか!
やっぱりー!!
ちゃんと釉薬の下にあったので もしかしたらB級品として出荷されたのか
従業員がひきとったかとか想像が膨らみます。^^

PYNTAシリーズって遊び感があって 
たまに あれっ? いつものと違う!
というのが出てきたりて楽しいのですよ♪
<< Sylvia.Leuchovi... 毎年 はやくなる? クリスマスの準備 >>